LINK

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生み出す投資です。

価格は1日中上がったり下がったりします。

これがレートです。

インターネットを見ていると、ドルやユーロの市場のニュースが流れることがあります。

たとえば、「今の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。

要するに、売買には買いと売りの両方の値段が存在するのです。

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現しているFX会社もあったりします。

通常は売値の方が買値よりも低い値段に決定されています。

あなたが買うときには高く、売るときには安くなります。

その差額をスプレッドといい会社の儲けの一部になっています。

スプレッドの狭さはFX業者によって変わります。

スプレッド幅は手数料になるので低いFX会社をセレクトしたほうが有利です。

ただ、状況によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

仮定としてドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの差でも、マーケットの変化が激しい場合には1銭よりも大きくなったりする場合があります。

ですから、スプレッド幅が狭いのと同じくらい、変化が小さいのが重要です。

最近では動かないスプレッド幅を提示する取引業者も数多く存在しています。

リアルにFX業者の注文画面の中で実際の相場を調べなければ判別できないので手間がかかりますが必要な事です。

大切な資金を投入して注文をするのだから、本当のエントリーの前に魅力的に思えたFX会社の新規取引口座開設を積極的にして、表示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

同じ通貨のペアでも、その時点の市場の状況によって通貨のスプレッドの幅は異なります。

一般的には、銀行間取引で取引量の多い、流動性の高い通貨ペアではスプレッド幅が狭く他の通貨ではスプレッドが広がる事があります。