フリーローンなどをしましたら毎月指示された日に口座から自動手続きで支払がされていくでしょう。77-12-46

テレビ等のコマーシャルでATMなどで支払いというのができるということに言われていますが、それというのは毎月の支払とは別口で引き落しする場合のことを言っています。77-6-46

斯うしたものを、繰上支払というように言い残高全額について返済支払を全額前倒し返済、一部分を支払いしてしまう支払いを一部繰り上げ支払いと呼びます。77-3-46

説明すると、一時収入などでお金に予裕というものが実在時には現金自動支払機や口座送金により、一部分または総額について弁済することが可能になっているのです。77-20-46

なおかつこうしたことだけでなく繰上弁済にはプラスがいっぱいあって、欠点といったものは完全にないのです。77-7-46

利点とは別途でもって返済することにより借入全体についてを減らすということができますので支払い期間が短くなったりするので利息というものも節減することができ返済総額そのものを切り詰めることが可能なので一挙両得な弁済方式ということなのです。77-8-46

しかしながら留意したいのはどのような時繰り上げ支払するかについてです。77-18-46

金融機関は支払い期限とは別に締めがあったりするのです。77-4-46

例を挙げますと月中が締め日であったとして来月10日の支払だと仮定しますと15日以降は来月分の利率などをひっくるめた支払い金額が確定してしまったりします。77-19-46

どういう事かと言うと月中から以降繰り上げ返済しても、明くる月の支払い額といったものは確定しておりますから、その間に前倒し支払した場合であっても次の月の弁済額には少しも反映をしないのです。77-1-46

それ故早期支払というようなものが即刻作用を発揮する為には、返済日時の次の日から次の締め日の前日までに前倒し支払いしてしまう必要があったりするのです。

しかしそのような事例の利息の差といったものは極めて少ないものです。

そんなくらいは気に掛けないといった場合には、随時任意に繰上返済するといいでしょう。

しかし少額であっても小さくしたいと希望する方は返済期日から〆め日までの間に繰り上げ支払することをお勧めします。