LINK

週刊誌のチラシ、ゴシップ紙、電信柱に見られる宣伝広告やDMで、「負債の整理任せてください」「借金を一括化したいと思ったら」などといった宣伝を見かけることがありますよね。クレジットカード比較

こういうのは、「整理業者」「買取業」「つなぎ業者」という名称の会社のだまし広告の場合が存在します。

これらを使ったケースでは自己破産申し立ての中で免責許諾をもらえない危険性も存在します。

「整頓業者」というのは、借金のある人を引き寄せ、サービス料を出させて負債整頓をしますけれど、債務整頓は行われないまま、負債者は債務スパイラルに落ちる失敗がほぼすべてと言えます。

「買取業者」というのは、借金者のカードで、電化用品、飛行機の券をいっぱい注文させて依頼者から物品を値段の20%もしくは40%で買取るという手段のようです。

負債者は一時的には小金が増えますが、カード会社経由の品物の請求が送られてきて、借金額を増やす結末になります。

この場合はクレジットカード企業に対する犯罪行為とされて免責許可を手に入れられません。

「つなぎ屋」とは有名な金融業者から断られる借金者に対し業者として金貸しはしないでおいて、提供を可能な別な企業を知らせ、法外な依頼料を出させる会社です。

直接の苦労で融通可能となったというように説明しますが現実には何もせず単に選考の甘めの業者を知っているというだけです。

この場合だと現実には債務を増加させる結末となります。