LINK
残念だが今の状況では変わったケースを外して金券のお店に行ってもクレジットを活用する事が出来る売店なんて無いのです。その事で、VISA、American Express、NICOSなどの券を使用した遠まわしに使うクレジットカードの場合は大半は実際には用いるに近いでしょう。それだとどういう技術を活用すれば直接商品を買うのでないクレジットカードが出来るのでしょう?というとその技とはこの頃、ひろく普及している電子マネーといったPASMO、またSuica(スイカ)、WAON、nanacoなど。本当は、このようなもの利用して直接商品を買うのでないクレジットをすることもできるようになります。Edy、iD、QUICPay、またWAON、nanacoなどはクレジットカードで買うという事ができるギフトカード◇Edy(エディ)、だったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどに精通していない方から見てみたら漠然と難しい印象を憶測するかもしれないですが、こういう電子マネーというものは単なる券になります。VISA、Diners clubなどののギフト券と全然相違点はないでしょう。このような電子マネーはカードを駆使して簡明に換金する事が可能なという点がメリットの一つです。その上このような電子マネーはこの頃ネットショッピングかわきりに、街ナカや各種店舗等々といったところでも活用可能なようにもなってきている。「当販売店の物品を買うにはクレジットはご利用にはなれません」という風に書かれてあるような売店での支払いでもEdy(エディ)、Webmoney、QUICPay、であったりWAON、nanacoなどの場合なら利用できるケースが色々あるのです(ローンポイントが堅実に貯められる)。言い換えればクレジットが用いられないお店においても段階を踏んでクレジットカードを使用する技でクレジットポイントをもらえる分を得てほしいということです。通常通り買い出しを満喫する限りではつかないポイントであるので、何としても活用法を確認していただきたい。