LINK
ありふれた初心者向けのFX取引の雑誌では「損が生まれたケースではナンピンをして、全体のコストを小さくする事が出来る」とアドバイスしているが、現実的にはそれにはかなり大きな引っ掛けが待ち受けています。とりあえず、ナンピン買いのやり方に関して分かりやすく記述しておきます。仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いですから円安に向うほど利益が大きくなりますが、思い通りに行かず1ドル95円まで円高に推移したとします。このままの状況でポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには損失分、円安ドル高に向わなければなりません。誰でも、損は出来るだけ早く回復したいと願います。この状況を打破するため最初に買ったのと同じだけのドルを1ドル=95円で売買します。そうすると、ポジションの平均のコストは97円50銭まで低くすることができる。2.50円の幅で円安に向えば損を回復できる。この流れがナンピンの方法です。このとおり、ナンピン買いの方法を目にすると「ごもっとも」という考えになるがマーケットはそう易々と思うようにはいきません。1ドル95円が底値だということなどわからないのである。マーケットが相当のドル安傾向であれば、95円では下げ止まることなく、更に一段のドル安にいく危険性は高いです。仮に、97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず、1ドル95円までドル安に進んだらナンピンを入れたポジションも差損が生まれます。この状況では、一番初めにエントリーしたドルとトータルで更なる為替差損が生じます。このように、ナンピンは一筋縄でいきません。それならば、相場が自身の脚本とは反対の方向に進んでしまった場合、どういった対応で危機の確率を避ければいいのでしょうか。こういう場合には取るべき選択肢は2つしかありません。ひとつはあきらめて、ポジションを諦める事です。もうひとつの手段としてはその段階で、自分か所有しているポジションを少なくする事によって、もう一度マーケットが戻るのを大人しく待つことだ。少し受動的な方法だとみる方もいるでしょう。だけど、買いポジションにマイナスが生じた時、一番効果のある術はこれ以外にはないです。机上ではナンピンする方法も有効です。だがしかしナンピンは自分自身が損をしているにもかかわらずポジションを減らすどころかそれとは逆に買いポジションを積んでいく考え方です。この手法では、リスクを制御することなどどこをどうやっても可能ではないと思ったほうがいいです。ナンピン買いをし続ければいつの日にか利益を上げられるかもしれません。だがしかし、そうなる先にお金はショートしてしまうだろう。