LINK
外為市場である外国為替証拠金取引のことを、考えていきましょう。FX(外国為替証拠金取引)とは、両国の通貨を交換をして両方の通貨の差引額を受け取るという流れとなります。こういった二つの異なる国の貨幣の関係で出てくる差をスワップ金利といいます。スワップ金利のことは正しくはスワップポイントといっているとのことです。FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)とは、一日ごとに受け取る事が出来ますが、日ごとの為替相場の動きで異なってくるのだそうです。このスワップポイント(スワップ金利)をもらうことをねらいに、為替の取引を行っているみなさんもたくさんいるようです。スワップポイントは取引するFX業者ごとに異なってくるのでわずかでも利益が多い取引業者を利用したいと思います。しかしながら、スワップポイントは為替のレートが動くことによって一緒に変動するので気をつけてください。また、トレードを行う時にはグラフを読める力が重要になるのです。このグラフを読み取れると為替の相場の変動をつかむ事が可能となるようです。外国の為替初心者の人が見た際何の為の図?などと難しいと感じてしまうでしょうけどツボを覚えていれば図表を読む事が出来るようになるそうです。円が上がるとか下降しているというように、このタイミングが最も円安になるだろうとこのチャートを読める事で判定する事が可能になり、為替取引をする際にはこの上なく役立つものとなるそうです。ここで言うチャートは、日本の場合はローソク足(陰陽足)が使われていてローソクの形の図で作られています。そのようなローソク足(陰陽足)で高値・安値そして終値とか始値などを表していて図表でいろいろな格好になっています。